産婦人科の転職は今なら条件が選べます

産科不足がニュースになって久しいですが、産科が不足しているのに比例して産婦人科の医師も不足しています。

大きな病院が産科を減らしてしまって、分娩できる病院が減ってしまったので、産婦人科医の転職先も当然減ってしまっている状況なのです。

産婦人科医が開業するにしてもクリニックでの出産よりも大病院を選択する傾向があるので、クリニックの経営が成り立たないので、開業することもない産婦人科医は産婦人科の転職も大変困難な状況にありました。



しかし、昨今は少し状況が変わってきたようで、極端な産科不足から、産科を再開する病院も出始めてきたために、産婦人科の転職も条件が選べるようになってきました。

産婦人科を見れる医師の需要が増えてきたのです。

激務の上産科のトラブルが多いことから敬遠されてきた産婦人科ですが、勤務状況もかなり改善されて来ていますし、なんといっても産婦人科はとても重要な医療です。

もっともっと状況を改善して、有能な産科医が良い環境下で仕事ができるようにする必要があります。



まず、産婦人科医を目指す医学生が増えるように魅力ある職業だという実績を上げていかなければなりません。

収入や勤務条件から産婦人科医を目指す学生が増えるように、そして医師の中でも産婦人科に転職が増えるような状況を作り上げていくことが、ゆくゆくは少子化にも歯止めをかける抜本的な改革になるのではないかと思います。

一人の勤務医が何人ものお産に一晩に立ち会わなければならないような勤務状況をまずは改善して医師の産婦人科への転職を促しましょう。

Leave a comment

Your comment